クレカの上限が通常支払うよりもゆるく設定されているとユーザーは余裕があると勘違いし、考えずにで決済してしまったりするようです。そういったクレジットカード使用過多を避けるためにクレジットカードの限界額を前もって少なめに決めておこう・・・というのが文の主な考え方です。カードの限度額の引き下げ方●使用カードの月の利用限度額を減らしておくとは月の利用限度額を上げることと大差なく大変シンプルです。手元のカードのバックに案内のあるフリーダイヤルに問い合わせて「利用限度額の引き下げをしてほしい」というふうに担当者に対して申請するだけです。現時点でのカードの限度額より下であれば特別な調査もなくスムーズに限度額の変更ができてしまいます。月の利用限度額を少なくするのは資産を守ることへと繋がる◇カードの月の限度額を引き下げておくことは、節約というようなメリットだけでなくセキュリティにもなります。仮に、大事なクレジットカードが盗まれて知らない間に使用される場合でも、事前にクレカの月ごとの限度額をきつく設定していたなら実害を最小限にすることもできるためです。強調しておきたいのは、想定外にもカードが偽造されたような場合でもクレジットカードの保有者に意図的と言えるような問題がない場合は盗難保険というものが使用者をフォローしてくれるわけなので不安になることはないわけですが、数パーセントの可能性のことを頭に入れておき必要のない月ごとの限度額は低くしておくと効果があるでしょう。必要以上の利用限度額は良くないことと言えます。