破産認可がなされた場合に、どの程度の不利益(デメリット)がありうるかは、考慮した方達にとって九分九厘欲しい説明だと考えられます。ここで破産認定者が避けられない不利益についての中身を箇条形式にしたいと思います。・役場の破産者の名簿に記述されます。※身分証明を発給するための文献ですので一般の人はコピーすることができないですし免責の認定がされれば消滅します。・官報へ周知される。※一般の新聞とは別でほとんどの書籍店では扱われませんし大抵の人達にはつながりのないことであると言えるでしょう。・公法上のライセンス制限。※破産認定者になってしまうと法律家、司法書士、税理士といった資格を持つ人は資格剥奪になって事業が不可能になります。・私法の資格限定。※自己破産認定者は後見役、保証人、遺言実行者を受け持つことが不許可になります。それだけでなく、合資会社の雇用者および株式形式の会社、有限企業の取締役員、監査担当者については退任原因となってしまいます。・携帯ローンやクレジット機能を利用することが不可能となります。そして、破産管財人事例の際は限定が存在します。・持ち物を自由に維持、売却することが不可能になります。・破産管財人や債権保有者委員会の要求によって適当な対応をしなければなりません。・法の許しをもらわずに住む場所の移転や遠征をしてはいけなくなります。・法が必要と認める状況では身体を捕らえられるケースもありうるのです。・配達品は破産管財者に届けられることになり、破産管財担当者は送付品を開封可能です。上記以外の破産した人の不便性で一般に誤解がある点を箇条書きにしてみます。1戸籍と住民票では記述されません。2勤務先は破産してしまったことを根拠として退職させることはできないです。※原則として、当人から告白しないかぎり勤め先に知られることはないでしょう。3選挙権限や被選挙権などの公民権はそのままです。4保証役ではない場合は家族には返納義務などはないのです。5最低限毎日の生活に欠かせない家財(パーソナルコンピューターテレビなどをカウント)着るものなどは差し押さえ対象外です。不便性をあげました。破産の申し立てをすることで借金はまっさらになりますが、上記の困難が付随します。破産の申請を考慮する上で、デメリット熟慮した方がよいでしょう。