民事再生による解決は住宅のローンも含む多重債務に苦しんでいる方をターゲットに、マイホームを維持したままで金銭管理においてやり直すための法的機関による方法として2000年11月に適用された解決方法です。この制度には、破産宣告のように免責不許可事由はないので賭け事などで借金した場合においても手続きは問題ありませんし破産申告により業務が行えなくなるようなポストで給与を得ている場合などでも民事再生手続きは可能になります。自己破産制度では住んでいるマンションを残しておくことは無理ですし特定調停と任意整理では、元金は返済していくことが必要ですので、マンション等のローンも払いつつ返していくことは実際には困難だと思われます。とはいえ、民事再生による手続きを選択できれば、住宅のためのローン以外での負債についてはけっこうな場合において減額することが可能なためある程度余裕に住宅ローン等を払いつつ残った借金を払い続けることが可能ということになります。ただ、民事再生という方法は任意整理や特定調停と違って一定の借金を除外扱いして手続きしていくことはできませんし破産手続きにおけるように元金自体が帳消しになるのではありません。くわえて、他の解決方法と比べると若干めんどうで負担もかかりますので、マンション等のローンがあって住居を手放したくない状況など以外の、自己破産のような他の方法がない際における限定的な手段と考えるのがいいと思います。