クルマを所有している人であれば知っていると思いますが、自動車税という税金が課税されます。それでこれは査定に出す車の売却の際に還付されるものなのです。これってちょっとやってみるとすぐ覚えられますがでははじめから流れを紹介します。注意書きさせて頂けば日本の車のみに限らず海外の車などでも税金が還ってくることに決まってます。もちろん車なども当てはまります。自動車税はクルマを所有する人が支払うものですが、この金額は自動車の排気量の大小で定められています。1リッターより小さいなら29500円で、1リッターから1.5リッターまでであれば34500円になります。その後は500ccずつ5000円増加します。またこれは4月1日時点で車を保有している人が年度内の税額を納付する定めとなっています。つまりは事前納付になるということですから勿論ですが自動車を売却してオーナーでなくなった際などはその分の金額は戻ってくるというわけです。自動車税の場合は事前納付で来年3月までのお金を支払うので、一年以内に愛車を買い取ってもらった際は、新たなオーナーがお金を納めなければいけないということになります。売却相手が買取専門店なら、売却時に先払いしている分の税金を返金してもらえます。まとめると所有権が移転された際以降の税は新しい保有者が払わなければなりません。もしもあなたが10月にクルマを売却したなら11月以降来年3月までの自動車税は還付されます。それは前述の通り自動車税というのは一年分を前払いしているということから来ています。つまり売却者は買取先に税金を返金してもらうということです。業者を介さずに車を買い取ってもらう場合には意外とこの知識に気づかない方がよくいるためきっちり忘れないようにしましょう。自動車税がクルマを売却すると返ってくるという知識をあまり知っている人がいない事を利用してそれを言わない悪徳業者もいます。こちらから自動車税の返金に関して言わなければ、自動車税のことには説明しないということもしばしば見られます。なので自動車の買い取りをお願いする時には税金が返ってくるか否かをチェックすることを忘れないようにしてください。