カードが不必要になった気がする…こうした思いが頭をよぎったらクレジットカードの機能停止(きのうていし)を行いましょう。わざわざ定義などする必要がないと思われますが、カードの機能停止とは利用者が使用中のちょうどそのカードを再びショッピングなどのレジで使えない状況に戻してしまうことを意味します。こちらのページでは不必要になったカードの解約段取りから解約上の要点などをすみずみまで解説してみました。この項目を理解して頂けたならば使用不可能化をする時の悩みをさっぱりとぬぐいさってもらえると思います。はっきり書くことになりますが、クレジットを使用不可能化する方法はすぐ終わります。「クレジットカードに一旦加入手続きをしたら直ちに使用不可能化がするのは面倒じゃないの?」といったことや、「カード会社の契約解除の手続きが複雑なんじゃないだろうか?」といった具合に感じてしまう会員もいるようだと伺っているがクレジットカードの裏面に表示されている受付窓口に問い合わせをした後クレジットカード契約解除の考えを聞いてもらうということだけで手間取ることなく無効化ができます(ほとんど3分くらいの会話で終わってしまいます)。契約する際はとにかく煩雑だったのに使用不可能化のやり取りは本当に一回の通話だけ?などと驚いてしまうに違いありません。嘘偽りなく解約手順は労力なしなのか?その通りです。クレジットカード会社の無効化の手順は特別な条件を除き、機能停止のために取り寄せなければいけない紙も関係ない上に長い間手続きが続いてしまうようなような面倒も起こり得ません。全く「御社の□□クレジットサービスを契約解除したいと思っておりますが・・・」と会社の応対者に向かって依頼することが出来れば他には何も必要ありません。私も以前から5枚を上回るクレカを解約するために連絡を取り続けてきましたが、ひとたびたりとも無効化で揉めたような場合は体験していないためその点は不安に思わないで間違いありません。事情通の口から聞いた、誰かが実際に体験したという裏話では解約を願い出ようとオペレーターに話したところ退会したい理由がどんなことによるのか差し支えなければ聞いてもいいかと言われることが存在したらしいのですがただ単に情報収集に過ぎない聞かれ方だったと言っていたので、引き止められることも知る限りないとのこと。都合を聞かれたという場面に出くわしても気を遣わずに『予想していたより使わなかったため』とか『あの会社のクレジットカードのお知らせを読んだらその方が便利そうだと思ったから』という風に言えば良いだろう