「スプレッド」とは外為は通貨ペアを売買して利ざやを生み出す取引です。価格は四六時中変動しています。これが為替レートです。ラジオを聞いていると外貨の市場の話題が流れます。例としてあげると、「本日のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを示しています。言い換えると、トレードには買値と売値の値段が存在するのです。売値のことをビット、買値の事をアスクと示している取引会社もあったりします。普通は買値よりも売値が低く設定されるものです。買値は高く、売値は低くなります。この差分をスプレッドといいFX取引会社の稼ぎの一部になっています。スプレッドはFX取引会社によって違います。スプレッドの差はみなさんにとって支出となるので低い取引業者をセレクトしたほうが有利です。ただし、同じ業者でも場合によってスプレッドの広さは拡大したり、縮小したりします。もし円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの幅であっても相場の上げ下げがとても激しいケースでは広くなったりする状況があります。なので、スプレッドが小さいのと同時に変わらないのが大事です。最近では変化しないスプレッドの差を提示する業者もあったりします。実際に業者の注文画面の中でリアルな為替相場を確かめなければ見分けられないのでやっかいですが、不可欠な事です。多額の財産を投入してエントリーするのですから現実の注文の前に関心があるFX取引会社の新規取引口座開設をして示されているスプレッドの幅を確かめましょう。同じペアでもその瞬間の為替相場の変動率によってスプレッド幅は異なることがあります。たいがい、インターバンク相場で取引高が多い通貨の組合せではスプレッドの幅が狭く、他の通貨ペアではスプレッドが大きくなる事があります。