そもそも、ある人が破産を手続きするまでの時間は負債者個人に対する電話による借金回収と本人の住んでいる家への訪問による返済要求は無法ではないということです。エステファクト オールインワンジェル ブログ

また、自己破産に関する作業に入ってから提出までに無駄な時間がかかってしまったときには債権保持人は強引な収集を行う割合が高くなります。今日会える

債権人サイドにとっては未納分の支払いもせずに破産などの法律の処理もしないという状態だと会社内での完了処理を行うことが不可能だからです。車 ナンバープレート

その上、債権保有者の一部は法律屋に助力を求めていないと知ると、かなり強硬な取り立て行為を繰り返す債権人もいます。メディプラスゲル 口コミ

司法書士の方か弁護士の人に相談した際には、個別の債権者は借金した人に対し直接回収を行うことが認められません。ジッテプラス

相談を受けた司法書士それか弁護士事務所は事件を担うという中身の郵便を各取り立て屋に送り各債権者がその通知をもらったのなら負債者は取立人による徴集から解放されることとなります。マユライズ 口コミ

さらに、債権者が勤め先や親の家へ訪問する返済要求は貸金業法のガイドルールで認められていません。

登録している企業であれば親の家へ行っての収金は貸金に関する法律に反するのを気づいているので法に反していると言えば、そのような徴集を維持することはないと思います。

自己破産の手続き後は、申立人に対する収金を入れてすべての収金行為は禁止になります。

よって、取り立て会社からの返済請求行為が完全に消えてなくなることとなります。

といってもときどき禁止と知りながら訪問してくる取立人もゼロであるとはいえません。

事業として登録している業者であれば、破産に関しての手続き後の収金が法律の規程に反しているのを分かっているので、その旨を言えば、そういった返済要求を続行することはないと言えます。

とはいえども闇金と言われる不許可の業者についての場合はこの限りにはならず、集金などによる被害事例が減少しないのが今現在の状況です。

闇金が取り立て屋の中にいる可能性があるケースでは必ず弁護士法人もしくは司法書士の方などの専門家に連絡するようにするのがいいと考えます。

インフォメーション