クルマを買い取ってもらう時や、そして車両の売買時もどちらも印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明という書類について説明しましょう。印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印として認められていることを実証する目的を持つものです。この書類がない場合には、その印鑑について実印で間違いないことが実証できません。決して小さくない売買になる中古車の売却のため実印が必要になることになりますがその際に印鑑証明という書類が必要となるのです。この印鑑証明を発行するためには、あらかじめ印鑑証明しておかなければなりません。印鑑証明に登録するはんこは正式には実印といい、世界で唯一のはんこでなくてはなりません。この印鑑を持って、最寄の役場の受付に行けば、印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードが発行され印鑑登録手続きをした判子は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明を発行してもらうには、役場で、専用の用紙に必要項目を埋めて印鑑登録カードを持って行くだけです。そして自動交付機でも印鑑証明の書類を交付することができます。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。ですからいつの印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は消えないということになります。ただクルマ買取の際には、必要になるのは三ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。普通は期限を定める必要はないのですがクルマ売却の時は、買い取る側が期限を教えてくれるのでもし車買取の予定があるとしたら手放す前に手元に置いておくことが必要です。