ようやく開始する時という状況ではまずは事前対策をしなくてはいけません。取引を行う前であれば場面を理性的に見ることができる余裕があります。だがしかし、一度相場の内側に入ってしまうとどうあがいても考え方が客観性を欠くものになってしまいがちで、正しい判断が出来なくなる危険があります。だからこそ己の考えが論理的な時にしっかりと準備が不可欠です。”事前準備”するためには、とにかく己の脚本を作る事からスタートします。これからの市場は上がる(または下がる)からこの外貨を売買するというふうに、筋書きを書いていきます。次に大切なのは相場を確認しましょう。それ以前の相場の動きを見て、現在の値動きを調べます。そうしたら、「結構低い場面になっている」他には「多数の投資家の方々がエントリーしているから、今から慌てて売り(または買い)しても今となっては遅すぎるな」などと理解できます。当然ですが今さらしかけるのが遅すぎるなと感じたならば、手を出さないで、そこのところは割り切ることが必要です。どう試みてもあなたのストーリー展開を貫いて新規エントリーすると、市場にやられて損失を被ることになりかねない。そうは言ってもたいがいの場合、事前に準備している自身のストーリー展開を思い描いておけば、売買がやりようがないという状況にはならないでしょう。大方、実際に為替相場が変動する前の状態のはずです。次に、とりあえず自分が取引しようと決めている売買ポジションの動きを、きちんと見る事が必要です。もしも、円安が進むであろうという筋書きを記したのであればドル円の上下動に注目する事が大事です。為替相場の変動をチェックし始めた状態ではまだまだ該当の通貨は明確に変動する兆しを見せることなく、細かい上げ下げを繰り返しているだけだろう。だが、その上下動を注目していると、あるポイントでドル高の方向へと為替相場が動き始めます。この場面でやっと、ドルの取引します。通常は、そこまで緻密に計画さえしておけばその売買で儲ける可能性は割合大きくなるはずです。