民事再生という方法はマンション等のローンを含む多重債務に苦しめられている方をターゲットに、住んでいる家を維持したまま金銭管理において再建するための法的な債務圧縮の道として平成12年11月にはじまった法律です。民事再生という制度には、破産手続きのように免責不許可となる条件はないために、ギャンブルなどで借金したような場合でも問題ありませんし、破産手続きをすれば業務停止になる業界で仕事をしている場合等でも民事再生は行えます。破産の場合だとマイホームを残すことは考えられませんし、任意整理や特定調停などでも元金自体は払っていかなくてはなりませんので住宅ローンなどを含め返していくのは実際には簡単なことではないでしょう。でも、民事再生による処理を取れれば住宅ローンのほかの借入は十分なお金を圧縮することも可能なため住宅ローン等を返済しながらそのほかのローンを返済していくこともできるということになります。いっぽうで、民事再生という方法は任意整理または特定調停等とは異なって一部の借り入れを省いて処理することは不可能ですし破産手続きに適用されるように借金が消えてしまうのでもありません。また、これ以外の解決手順と比較すると手続きの手順がめんどうで手間もかかりますのでマンション等のローンを組んでいて住んでいる家を手放したくないような状況等を除き破産等といった他の整理ができない場合だけの限定された処理と考えるのがいいと思います。