車の《全損》とはその名称が示すように車の全機能が破損してしまう状態で、要するに走れないというような乗り物としての機能を果たせなくなった状態で使用されますが自動車の保険における全損は少し違った意味があったりします。

自動車の保険では車が損傷を受けた場合では全損と分損のように2つの種類振り分けられ、「分損」は修理のお金が補償金でおさまる場面を示し反対に【全損】とは修理の費用が保険金より高い状況を指します。

車の修理で『全損』と言われると車の最重要のエンジンに修復できない破損があったり自動車の骨組みがねじれてしまって修復が不可能な時リユースか処分と決められるのが通常です。

けれども、車の事故の後に修理業者や自動車保険会社がそのような修理のお金を見積もった状態で、どれほど表面が綺麗で直すことが可能な時でも修理の費用が補償額よりも高ければなんで自動車保険に加入しているのか分からなくなってしまうでしょう。

そのような状況では、《全損》と判断して愛車の権利を自動車の保険屋さんに渡して保険金を頂くシステムとなっています。

当たり前ですが長年乗ったマイカーで執着があり自分でお金を出して修復して所持したいと思う車の所持者たくさんいますので場合によって自動車保険会社と意見交換するといいと思います。

なお、保険にはこういうケースが考慮されて車両全損時諸費用補償特約等《全損》の時のための特約を設けているケースが存在し例え、自分の車が【全損】なってしまっても買い替えお金をある程度補償してくれるサービスも存在します。

尚盗まれた時の保険金の特約をつけてると盗難にあったマイカーが見つけることができない時でも『全損』と扱われ、保険金が払われる仕組みになっているのです。

インフォメーション