自動車を運転している時、「愛車を使ったままで即日融資可」という宣伝ボードやポスターが見かけることも多いと思います。こういった広告は、車を担保としてお金を融資する広告群であることが多いはずです。車担保融資と呼ばれる言葉は、耳にしたことがあっても、実際にどういう融資のされ方なのかそれほど理解していない人も少なからずいると思います。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえると思います。車担保融資では、自動車を返済ができなくなった際の保障にすることで、愛車の現状の売値価格を出し、その価格の査定範囲の中でのローンキャッシングを原則行っているようです。中古車買い取り専門店での査定と同じように、年式が経つ車や事故車であると、査定額が低くなることがありますので自動車を担保としてお金を融資を受ける時には覚えておくといいはずです。車担保融資は、「車」という実質資産を抑える方法ですので、銀行などで借り入れができない人でも問題なく査定範囲内でのローンキャッシングを行えます。さらに、銀行や消費者金融でのキャッシングには色々な手順や厳しい審査などがありますが、車という自分の財産を使って行う融資ですから、そういうものが必要としないこともあるようです。この頃では、愛車を返済ができなくなった際の保障にしてキャッシングローンを受けても、クルマを以前同様使用することが出来る車を利用した担保融資も増えてきているようです。しかし、この方法の弱点としては、クルマの評価額にローンの限度額次第ですので、持っている車によって、自分が志願する上限額のローンを受けられないということも多いと耳にします。自動車を返済に行き詰った際の保険にしますから、万が一支払いが遅れてしまった場合は、直ぐにクルマを手放さなければならないというのも、欠点となります。クルマが生活で欠かせないものである場所では、愛車を、返済ができなくなった際の保障とするローンキャッシングの方法は、かなり危険性が高いといえるはずです。