自動車の損害保険にはみなさんももうご存知かと思うのですが、通称「等級」という略称で知られる数字があります。省略せずに書くとノンフリート等級別料率制度といわれ、保険の料金に多大に影響しています。等級は、自動車の保険を利用している人の公明正大さを目的とし、トラブルを発生させてしまう危険性や、自動車保険を使われる現実味が大きければ高いと考えられるほど保険の料金が増えます。しかし自動車事故を発生させてしまう見込みが低く、車の保険を利用するとはあまり思われない方は、優秀な利用者に違いないと認定されることで保険の掛け金が低くなります。安全に車を利用する保険利用者の方のほうがより優遇される決まりには違いないので自動車事故を起こしてしまいやすい利用者には不都合なシステムだと考えられます。等級というものは、低リスクの保険利用者と事故の確率が比較的高い被保険者の保険料金が同じ額だと不公平に思ってしまう客が大多数なので、保険を取り扱う会社サイドにとっても損を減らすためにとにもかくにも必須の枠組みだといえるでしょう。さて、等級という仕組みが具体的に一体どういった仕組みなのか具体的に明らかにします。最初に等級の数には1等級より20等級まで設定されており数が増えると次第に月々の掛金が安価になる機構になっているのです。続いて1等級より3等級までは安価にならず逆に保険料は値段が上がりアクシデントを起こしてしまい自動車損害保険を利用してしまうと3等級低くなり負担の大きい自動車損害保険を払うことになるという仕組みになっています。そして、まったく新たに保険に申請するのであれば六等級から始まりになり、そのときから等級が低くなるのか上がるのかは契約者の心がけ次第です。そのため月額の掛金を安くしたい方は、アクシデントを生じさせないように日々余裕を持った運転に気をつけるのが大事だといえるでしょう。